26-164 栄養素摂取量のエネルギー調整に関する記述である。

スポンサーリンク

26-164 栄養素摂取量のエネルギー調整に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。
(1) エネルギー調整は、エネルギー摂取量と相関性の低い栄養素の場合に行う。
(2) エネルギー調整は、エネルギー摂取量の過剰者をスクリーニングするために用いる。
(3) 残差法によるエネルギー調整栄養素摂取量は、同じ集団内での比較に用いる。
(4) 密度法では、エネルギーと栄養素の関連を一次回帰式で求める。
(5) 脂肪エネルギー比率は、エネルギー調整された値である。


(1) エネルギー調整は、エネルギー摂取量と相関性の高い栄養素の場合に行う。
(2) エネルギー調整は、エネルギー摂取量の異なる者を比較するために用いる。
(3) 残差法によるエネルギー調整栄養素摂取量は、同じ集団内での比較に用いる。
(4) 残渣法では、エネルギーと栄養素の関連を一次回帰式で求める。
(5) 脂肪エネルギー比率は、エネルギー調整された値である。