コンテンツへスキップ

32-78 ビタミンの構造と機能に関する記述である。

    スポンサーリンク


    32-78 ビタミンの構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)β-カロテンは、小腸でロドプシンに変換される。
    (2)活性型ビタミンDは、細胞膜上の受容体と結合する。
    (3)ビタミンEは、LDLの酸化を防ぐ。
    (4)ビタミンB12は、分子内にモリブデンをもつ。
    (5)酸化型ビタミンCは、ビタミンEにより還元型になる。

    解答・解説を見る
    (1)β-カロテンは、小腸でビタミンA(レチノール:Retinol)に変換される。

    ロドプシンは、網膜に存在し、オプシンとレチナールから生成される。レチナールは、ビタミンAがもととなっている。

    (2)活性型ビタミンDは、細胞内の受容体(核内受容体)と結合する。

    (3)ビタミンEは、LDLの酸化を防ぐ。

    (4)ビタミンB12は、分子内にコバルトをもつ。

    (5)酸化型ビタミンC(デヒドロアスコルビン酸)は、グルタチオンやシステインにより還元型になる。

    ビタミンの分類

    ①脂溶性ビタミン・・・ビタミンD、A、K、E
    (脂溶性ビタミンは、4つ「DAKE(だけ)」で覚えよう!)
    ②水溶性ビタミン・・・ビタミンC、ビタミンB群(B1,B2,ナイアシン,B6,B12,パントテン酸,葉酸,ビオチン)

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事