コンテンツへスキップ

32-74 たんぱく質の栄養に関する記述である。

    スポンサーリンク


    32-74 たんぱく質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)食品たんぱく質の栄養価は、アミノ酸の総量で決まる。
    (2)アミノ酸価は、食品たんぱく質中の理想的な可欠(非必須)アミノ酸量を示す。
    (3)制限アミノ酸が複数ある食品に、第一制限アミノ酸のみを加えると、栄養価が低下することがある。
    (4)たんぱく質効率比(protein efficiency ratio)は、窒素出納を基にして算出される。
    (5)飢餓状態では、窒素出納は正になる。

    解答・解説を見る

    (1)食品たんぱく質の栄養価を評価する指標として、アミノ酸価があるが、アミノ酸価では食品のアミノ酸組成をもとに評価している。

    (2)アミノ酸価は、食品たんぱく質中の理想的な不可欠(必須)アミノ酸量を示す。

    (3)制限アミノ酸が複数ある食品に、第一制限アミノ酸のみを加えると、栄養価が低下することがある。これをアミノ酸インバランスという。

    (4)たんぱく質効率比(protein efficiency ratio)は、摂取したタンパク質1g当たりの体重増加量である。

    (5)飢餓状態では、窒素出納はになる。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事