32-75 血糖とその調節に関する記述である。



スポンサーリンク

32-75 血糖とその調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)グルコースの筋肉組織への取込は、インスリンにより促進される。
(2)グルカゴンは、筋肉グリコーゲンの分解を促進する。
(3)組織重量当たりのグリコーゲン量は、肝臓より筋肉の方が多い。
(4)コリ回路では、アミノ酸からグルコースが産生される。
(5)脂肪酸は、糖新生の材料として利用される。

解答・解説を見る
(1)グルコースの筋肉組織への取込は、インスリンにより促進される。

 インスリンは、骨格筋のGLUT4による糖の取り込みを促進する。

(2)グルカゴンは、肝臓のグリコーゲンの分解を促進する。

 グルカゴンでは、筋肉ではグリコーゲンの分解を促進しない。

(3)組織重量当たりのグリコーゲン量は、肝臓より筋肉の方が少ない。

 肝臓ではその重量の約5%、筋肉では約1%のグリコーゲンが貯蔵されている。
 重量にすると、肝臓では約100g、筋肉では約250gほどである。

(4)コリ回路では、乳酸からグルコースが産生される。

アミノ酸(アラニン)からグルコースが生成するのは、グルコース・アラニン回路である。

(5)脂肪酸は、糖新生の材料として利用されない。

 糖新生の材料には、乳酸、アミノ酸(糖原生アミノ酸)、グリコーゲン、グリセロールがある。

コメント