32-71 消化管ホルモンに関する記述である。

スポンサーリンク

32-71 消化管ホルモンに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)ガストリンの分泌は、胃に食塊が入ると抑制される。
(2)ガストリンの分泌は、セクレチンによって促進される。
(3)セクレチンの分泌は、十二指腸内H+濃度の上昇によって抑制される。
(4)コレシストキニンの分泌は、消化物中のペプチドによって促進される。
(5)膵臓からのHCO3-の分泌は、コレシストキニンによって促進される。

解答・解説を見る

(1)ガストリンの分泌は、胃に食塊が入ると促進される。

 胃に食塊が入ることによる胃の伸展やタンパク質分解による生成物が刺激となって、G細胞からガストリンが分泌される。

(2)ガストリンの分泌は、セクレチンによって抑制される。

(3)セクレチンの分泌は、十二指腸内H+濃度の上昇によって促進される。

(4)コレシストキニンの分泌は、消化物中のペプチドによって促進される。

(5)膵臓からのHCO3-の分泌は、セクレチンによって促進される。

 コレシストキニンは、胆嚢の収縮により胆汁の分泌を促進する。

コメント