25-135 非アルコール性脂肪性肝炎に関する記述である。


スポンサーリンク

25-135 非アルコール性脂肪性肝炎に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

a  C型肝炎ウイルスは、原因となる。
b 肝臓組織の鉄量は、低下する。
c インスリン抵抗性が、みられる。
d 肝臓組織の繊維化が進む。

 (1) aとb (2) aとc (3) aとd (4) bとc (5) cとd

解答・解説を見る

a  C型肝炎ウイルスは、原因とならない。

 C型肝炎ウイルスは、C型肝炎の原因となるウイルスであり、慢性化しやすいのが特徴である。
 NASH(非アルコール性脂肪肝炎)では、C型肝炎ウイルスは関与しない。
 C型肝炎は、慢性化し病気が進行すると肝硬変や肝がんの原因となるため注意が必要である。

b 肝臓組織の鉄量は、増加する。

c インスリン抵抗性が、みられる。

 インスリン抵抗性→インスリンが効きにくい状態。肥満で起こりやすい。

d 肝臓組織の繊維化が進む。

 (1) aとb (2) aとc (3) aとd (4) bとc (5) cとd

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント