30-95 高齢者の栄養管理に関する記述である。

スポンサーリンク

30-95 高齢者の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。
(1)褥瘡の予防では、体位変換が有効である。
(2)フレイルティ(虚弱)の予防では、徐脂肪体重を減少させる。
(3)変形性膝関節症では、肥満がリスク因子となる。
(4)便秘の予防では、水分摂取を控える。
(5)骨粗鬆症の予防では、リンを多く含む食品を摂取する。

解答・解説を見る

(1)褥瘡の予防では、体位変換が有効である。
 長時間同じところに圧力が加わると、褥瘡の発生の原因となる。

(2)フレイルティ(虚弱)の予防では、徐脂肪体重を増加させる。
 ※徐脂肪体重とは、体脂肪をの除いた筋肉、内臓器官、骨など。

(3)変形性膝関節症では、肥満がリスク因子となる。

(4)便秘の予防では、水分摂取を十分に、こまめに行う。

(5)骨粗鬆症の予防では、カルシウムやビタミンDを多く含む食品を摂取する。
 ※リンも、その80%は歯や骨に存在し、骨格の重要な構成要素であるが、リンを摂取しすぎるなどして、カルシウムとリンの摂取量のバランスがくずれると、骨から溶け出すカルシウム量が増加し骨粗鬆症の原因となる。

コメント