30-98 運動時の身体への影響に関する記述である。

スポンサーリンク

30-98 運動時の身体への影響に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。
(1)筋肉のクレアチンリン酸は、短時間の運動で利用される。
(2)肝臓のグリコーゲンは、長時間の運動で減少する。
(3)糖新生は、長時間の運動で抑制される。
(4)速筋線維は、有酸素運動により肥大する。
(5)消化管の血流量は、激しい運動で増加する。

解答・解説を見る

コメント