30-70 遺伝子多型と倹約(節約)遺伝子に関する記述である。


スポンサーリンク

30-70 遺伝子多型と倹約(節約)遺伝子に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)フェニルケトン尿症は、遺伝子多型によって発症する。
(2)遺伝子多型の出現頻度には、人種差は存在しない。
(3)倹約(節約)遺伝子とは、体脂肪の蓄積しやすい体質を生む遺伝子である。
(4)倹約(節約)遺伝子仮説を唱えたのは、リネン(Lynen F)である。
(5)脱共益たんぱく質(UCP)遺伝子は、倹約(節約)遺伝子の候補である。

解答・解説を見る

(1)フェニルケトン尿症は、遺伝子多型では発症しない。

(2)遺伝子多型の出現頻度には、人種差は存在する。

(3)倹約(節約)遺伝子とは、体脂肪の蓄積しやすい体質を生む遺伝子である。

(4)倹約(節約)遺伝子仮説を唱えたのは、ニールである。

(5)脱共益たんぱく質(UCP)遺伝子は、倹約(節約)遺伝子の候補である。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント