コンテンツへスキップ

30-75 炭水化物の栄養に関する記述である。

    スポンサーリンク


    30-75 炭水化物の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)筋肉のグリコーゲンは、血糖値の維持に利用される。
    (2)赤血球は、エネルギー源として乳酸を利用している。
    (3)肝臓は、脂肪酸からグルコースを産生している。
    (4)脳はエネルギー源としてリボースを利用している。
    (5)脂肪組織は、グルコースをトリアシルグリセロールに変換して貯蔵する。

    解答・解説を見る

    (1)筋肉のグリコーゲンは、血糖値の維持に利用されない。
     肝臓のグリコーゲンは、血糖値の維持に利用される。

    (2)赤血球は、エネルギー源として血糖を利用している。
     赤血球はミトコンドリアを持たないことから、脂肪酸をエネルギー源として利用することができない。

    (3)脂肪酸からグルコースを生成することはできない。
     グルコースからできるピルビン酸から脂肪酸の原料になるアセチルCoAが生じる過程は不可逆であるため

    (4)脳はエネルギー源としてグルコースを利用している。
     脳はグルコースを主なエネルギー源としているが、絶食時間が長くなるにつれて、肝臓から放出されるケトン体をエネルギ―源として利用するようになる。
     また、脳はグルコースの枯渇を受け、ケトン体もエネルギー源として利用することができるが、その全てをケトン体で補うことはできず、ケトン体で補える割合はおよそ20%程度であるといわれている。

    (5)脂肪組織は、グルコースをトリアシルグリセロールに変換して貯蔵する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事