28-11 喫煙に関する記述である。


スポンサーリンク


28-11 喫煙に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1) 喫煙は、くも膜下出血のリスク因子である。
(2) 母親の喫煙により、乳幼児突然死症侯群のリスクが高まる。
(3) 最近10年間における男性の喫煙率は、低下傾向にある。
(4) 未成年者へのたばこの販売は、健康増進法で禁じられている。
(5) 21世紀における第2次国民健康づくり運動(健康日本21(第2次))では成人喫煙率の数値目標が示されている。

解答・解説を見る

(1) 喫煙は、くも膜下出血のリスク因子である。

(2) 母親の喫煙により、乳幼児突然死症侯群のリスクが高まる。

(3) 最近10年間における男性の喫煙率は、低下傾向にある。

(4) 未成年者への煙草の販売は未成年者喫煙禁止法で禁止されている。

(5) 21世紀における第2次国民健康づくり運動(健康日本21(第2次)では成人喫煙率の数値目標が示されている。


お問い合わせはこちら