26-149 妊娠糖尿病に関する記述である。



スポンサーリンク

26-149 妊娠糖尿病に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 妊娠前から診断されている糖尿病をいう。
(2) 血糖コントロール目標は、朝食前血糖値を150mg/dLとする。
(3) 妊娠に伴うエネルギー付加は、行わない。
(4) 薬物療法には、インスリンを用いる。
(5) ケトン体産生を亢進させる食事とする。


(1) 妊娠前から診断されている糖尿病ではなく、妊娠している間に発症した糖尿病である。
(2) 血糖コントロール目標は、朝食前血糖値を100mg/dLとする。
(3) 妊娠に伴うエネルギー付加は、行われる。
■非肥満妊婦(BMI<25)
妊娠初期 標準体重×30㎉+50㎉
妊娠中期 標準体重×30㎉+250㎉
妊娠末期 標準体重×30㎉+450㎉
授乳期  標準体重×30㎉+350㎉
 
■肥満妊婦の場合(BMI≧25) 
標準体重×30㎉

(4) 薬物療法には、インスリンを用いる。
(5) ケトン体は胎児に悪影響があるので、ケトン体産生を亢進させる食事はしない。