26-133 肥満に関する記述である。



スポンサーリンク

26-133 肥満に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 学童期の高度肥満は、肥満度が20%以上と定義される。
(2) メタボリックシンドロームは、内臓脂肪蓄積型肥満を呈する。
(3) 肥満では、インスリン感受性が高まる。
(4) 原発性(単純性)肥満では、血漿レプチン値が低下する。
(5) 二次性(症候性)肥満は、生活習慣病である。


(1) 学童期の高度肥満は、肥満度が50%以上と定義される。
  詳しく見る⇒「幼児・学童期の肥満度の判定」
(2) メタボリックシンドロームは、内臓脂肪蓄積型肥満を呈する。
(3) 肥満では、インスリン感受性が低くなる
(4) 原発性(単純性)肥満では、血漿レプチン値が上昇する。
(5) 原発性肥満は、生活習慣病である。二次性肥満は生活習慣病ではない。