25-49 生殖器系の疾患に関する記述である。

スポンサーリンク

25-49 生殖器系の疾患に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 子宮内膜症は、閉経後に好発する。
(2) 子宮筋腫には、エストロゲン依存性が認められる。
(3) ヒトパピローマウイルス感染は、子宮体がん発生と関連性が深い。
(4) 子宮体がんは、扁平上皮がんの頻度が高い。
(5)  PSAは、子宮頸がんの腫瘍マーカーである。

解答・解説を見る

(1) 子宮内膜症は、閉経後に減少する。
 子宮内膜症は、10台後半から閉経前の40歳代後半頃にかけて好発する。

(2) 子宮筋腫には、エストロゲン依存性が認められる。

(3) ヒトパピローマウイルス感染は、子宮頸がん発生と関連性が深い。

(4) 子宮頸がんは、扁平上皮がんの頻度が高い。
 子宮体がんは、腺がんである。

(5)  PSAは、前立腺がんの腫瘍マーカーである。