25-46 巨赤芽球性貧血の検査所見に関する記述である。

スポンサーリンク

25-46 巨赤芽球性貧血の検査所見に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 血清ビタミンB6値が、低下している。
(2) 白血球数が、増加している。
(3) 好中球の核の過分葉が、認められる。
(4) 不飽和鉄結合能が、増加している。
(5) 平均赤血球血色素量(MCH)が、低下している。

解答・解説を見る

(1) 巨赤芽球性貧血では、血清ビタミンB12値、又は葉酸値が、低下している。
 血清ビタミンB6値が低下しているのは、小球性低色素性貧血である。

(2) 白血球数が、減少している。
 白血球だけでなく赤血球や血小板も減少し、これを汎血球減少症という。

(3) 好中球の核の過分葉が、認められる。

(4) 鉄欠乏性貧血では、不飽和鉄結合能が増加する。
 巨赤芽球性貧血が原因で不飽和鉄結合能は変化しない。

(5) 平均赤血球血色素量(MCH)が、増加している。