コンテンツへスキップ

25-23 糖質に関する記述である。

    スポンサーリンク


    25-23 糖質に関する記述である。正しいのはどれか。

    (1) ガラクトースは、六炭糖のアルドースである。
    (2) グルクロン酸は、グルコースの還元によって生じる。
    (3) マルトースは、α-1,6-グリコシド結合をもつ。
    (4) でんぷんは、β-1,4-グリコシド結合をもつ。
    (5) ラクトースは、α-1,4-グリコシド結合をもつ。

    解答・解説を見る

    (1) ガラクトースは、六炭糖のアルドースである。

    (2) グルクロン酸( C6H10O7)はグルコース( C6H12O6)の酸化によって生じる。

    (3) マルトースはα-1,4結合を持つ。

     二糖類には、マルトース、スクロース、ラクトースがある。
     ・マルトース(グルコース2分子がα-1,4結合)
     ・スクロース(果糖+グルコースが、α-1,2結合)
     ・ラクトース(ガラクトース+グルコースが、β1,4結合)

    (4) でんぷんはアミロースとアミロペクチンに分けられ、アミロースはα-1,4結合のみ、アミロペクチンはα-1,4結合とα-1,6結合の分岐鎖をもつ。

     もち米のでんぷんはほとんどがアミロペクチンからなる。

    (5) ラクトースはガラクトースとグルコースのβ-1,4結合を持つ。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事