25-25 代謝とその調節に関する記述である。


スポンサーリンク


25-25 代謝とその調節に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) インスリンは、解糖を抑制する。
(2) アクアポリンは、細胞膜における水の通過に関与する。
(3) Na+,K+-ATPaseは、ナトリウムイオン(Na+)を細胞内に能動輸送する。
(4) アルドステロンは、アンギオテンシノーゲンをアンギオテンシンⅠに変換する。
(5) 脱共役たんぱく質(UCP)は、クレアチンリン酸の分解とATP産生を脱共役させる。

解答・解説を見る

(1)インスリンは解糖系を促進、糖新生を抑制、グリコーゲン合成を促進する。

(2)アクアポリンは、細胞膜における水の通過に関与する。

(3)Na+,K+-ATPase​は、ナトリウムイオンを細胞外に、カリウムイオンを細胞内に能動輸送で輸送する。

(4)アンギオテンシノーゲンをアンギオテンシンⅠに変換するのは、レニンである。

 レニンは、腎臓の傍糸球体細胞から分泌される。

(5)脱共役たんぱく質(UCP)は、電子伝達系とATP産生を脱共役させる。

 脱共役たんぱく質(UCP)は、ATP合成を抑制する。


お問い合わせはこちら