25-45 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。

スポンサーリンク

25-45 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 横隔膜が収縮すると、胸腔内は陽圧となる。
(2) 肺のコンプライアンスが小さいほど、肺は膨らみやすい。
(3) 肺胞膜を介してのガス拡散能は、酸素より二酸化炭素が高い。
(4) 全肺気量は、最大呼気位における肺内ガス量である。
(5) 解剖学的死腔量は、約500mLである。

解答・解説を見る

(1) 横隔膜が収縮すると、胸腔内は陰圧となる。

(2) 肺のコンプライアンス(弾力性)が小さいほど、肺は膨らみにくい。

(3) 肺胞膜を介してのガス拡散能は、酸素より二酸化炭素が高い。

(4) 全肺気量は、最大吸気位における肺内ガス量である。

(5) 解剖学的死腔量は、約150mLである。