31-83 エネルギー代謝の測定に関する記述である。


31-83 エネルギー代謝の測定に関する記述である。

(1) 直接法では、酸素消費量からエネルギー消費量を評価する。
(2) 二重標識水法では、酸素と水素の安定同位元素の減少速度よりエネルギー消費量を求める。
(3) 基礎代謝量は、睡眠状態で測定する。
(4) 脂肪の燃焼では、酸素消費量と二酸化炭素産生量のモル数は等しい。
(5) 二酸化炭素産生量は、安静時より運動時に減少する。

解答・解説を見る
(1) 直接法では、ヒトが作り出した熱エネルギーを直接測定し評価する。

(2) 二重標識水法(doubly labeled water)では、酸素と水素の安定同位元素の減少速度よりエネルギー消費量を求める。

(3) 基礎代謝量(BMR:basal metabolic rate)は、安静時に横になり眠っていない状態で測定する。

(4) 糖質の燃焼では、酸素消費量と二酸化炭素産生量のモル数は等しい。

(5) 二酸化炭素産生量は、安静時より運動時に増加する。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント