29-42 神経系の構造と機能に関する記述である。


29-42 神経系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)脳神経は、31対である。
(2)神経細胞間の接合部は、ニューロンと呼ばれる。
(3)摂食中枢は、視床下部にある。
(4)副交感神経が興奮すると、唾液分泌は減少する。
(5)神経活動電位の伝導速度は、無髄線維が有髄線維より速い。

解答・解説を見る

(1)脳神経は12対である。

 脊髄神経は31対である。

(2)神経細胞間の接合部はシナプスという。
 ニューロンとは、神経組織を構成する神経細胞とその突起からなるものである。

(3)摂食中枢は、視床下部にある。
 摂食中枢 → 視床下部外側野
 満腹中枢 → 視床下部腹内側核

(4)副交感神経が興奮すると主に漿液性唾液が分泌される。
 交感 神経 → ネバネバの唾液分泌(粘液性唾液)
 副交感神経 → サラサラの唾液分泌(漿液性唾液)

(5)有髄神経の方が無髄神経よりも伝達が速い。
 有髄神経では、跳躍伝導によって神経伝達がされるため、無髄神経よりも伝達が速い。


2018 2/5 記事の一部(下線部分)を訂正させて頂きました。ご指摘いただき有難うございました。


問題・解説についてのお問い合わせ

29-42 神経系の構造と機能に関する記述である。” への2件のフィードバック

  1. ネバネバの唾液分泌(漿液性唾液) → (粘液性唾液)
    サラサラの唾液分泌(粘液性唾液)  → (漿液性唾液)  ではないでしょうか。

コメント