無印良品の「糖質10g以下のお菓子マドレーヌ」が糖質10g以下の理由と糖質オフ商品の注意点


無印良品では、現在多くの糖質オフ商品が販売されている。

このマドレーヌもそのうちの一つで、糖質10g未満を思えないほど、甘く、しっとりとしていて美味しい。

実際に試食した感想と、低糖質お菓子の仕組みについてまとめる。


糖質10g以下のお菓子 マドレーヌ

“小麦粉を使わずに、アーモンドパウダーを使って糖質を10g以下に抑えました。

しっとりとした食感に焼き上げました。”

栄養成分表示(1個 平均25g当たり)

エネルギー 118kcal

たんぱく質 2.4g

脂質    7.7g

炭水化物  10.9g

 糖質   8.65g

 食物繊維 2.28g

食塩相当量 0.05g


 

なぜ糖質10g以下なのか?

商品の説明にもあるように

低糖質に仕上げられているポイントとして、主に糖質(炭水化物)を含む食材である小麦粉を、ほぼ糖質を含まないアーモンドプードルに替えている。

①小麦粉⇒アーモンドプードル 

また、甘みのもととなる砂糖に加えて、エリスリトールやラカンカ抽出物などのカロリーをほとんど含まない甘味料を使用している。

 ②砂糖⇒エリスリトール、ラカンカ抽出物

そのせいもあってか、このマフィンはスーッとしたやや清涼感のある味わいが感じられる。

料理によってはその清涼感が邪魔をしてしまうことがあるため、このような甘味料を利用する際には注意が必要である。

(ゼリーやジュースには清涼感が合うが、煮物などの料理には合わないことがある。)

このマドレーヌの場合は、レモンの香りもありその清涼感がとてもマッチしている。

 

甘味料”エリスリトール”とは何か?

エリスリトールは、ショ糖の約75%の甘味を持つ糖アルコールで、大部分は小腸で吸収されて、生体で代謝を受けずに尿中へ排泄される甘味料である。

エネルギーは実質0kcalであり(実際にはごくわずか0.2~0.3kcal/kgほどある)、低糖質お菓子や飲料にしばしば利用されている。

参考:高谷正敏,2013,オレオサイレンス第13巻第9号,エリスリトール,https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/13/9/13_423/_pdf.

 

糖質オフ商品の注意点

糖質オフ商品の注意点は、エネルギーと脂質の含有量は決して少なくない場合が多いという点である。

なので、血糖値はあまり上がらないとしても食べ過ぎれば体重が増える可能性はもちろんある。

近年では、幅広い年齢層で低糖質オフ商品への注目は高まってきているように感じるが、糖質の量に注目しすぎて他の栄養素のことを見逃してしまわないように注意したい。

 


問題・解説についてのお問い合わせ

関連記事一覧

コメント