ホーム » 投稿 » 35-161 食品構成表に関する記述である。

35-161 食品構成表に関する記述である。

スポンサーリンク


35-161 食品構成表に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 料理区分別に提供量の目安量を示したものである。

⑵  1 食ごとの献立の食品使用量を示したものである。

⑶ 一定期間における 1 人 1 日当たりの食品群別の平均使用量を示したものである。

⑷ 使用頻度の高い食品のリストである。

⑸ 利用者の食事形態の基準を示したものである。

解答・解説を見る

解答(3)

⑴ 料理区分別に摂取量の目安量を示したものである。

⑵  一定期間の献立の食品使用量を示したものは、使用食品日計表である。

⑶ 一定期間における 1 人 1 日当たりの食品群別の平均使用量を示したものである。

⑷ 食品構成表には、食材の使用頻度は記載されない。

⑸ 利用者の食事形態の基準を示したものではない。

食事形態の基準の一つとして、嚥下ピラミッドがある。
嚥下ピラミッドは、摂食や嚥下の難易度によって、普通食から嚥下食までレベル0~5の6段階からなるピラミッドである。

・レベル0(開始食)
・レベル1(嚥下食Ⅰ)
・レベル2(嚥下食Ⅱ)
・レベル3(嚥下食Ⅲ)
・レベル4(介護食・移行食)
・レベル5(普通食)

スポンサーリンク


コメント