コンテンツへスキップ

32-93 幼児期の栄養に関する記述である。

    スポンサーリンク


    32-93 幼児期の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)基礎代謝基準値(kcal/kg体重/日)は、成人より低い。
    (2)推定エネルギー必要量は、成長に伴うエネルギー蓄積量を含む。
    (3)間食は、幼児の好きなだけ摂取させてよい。
    (4)咀しゃく機能は、1歳頃に完成される。
    (5)クワシオルコル(kwashiorkor)では、エネルギー摂取量が不足している。

    解答・解説を見る

    (1)基礎代謝基準値(kcal/kg体重/日)は、成人より高い

     徐脂肪量の低下などにより基礎代謝基準値は加齢によって低下する。

    (2)推定エネルギー必要量は、成長に伴うエネルギー蓄積量を含む。

    (3)幼児期の間食は、一日三回の食事だけでは不足する分を補う目的があり、一日の回数や量を決めて与える。

     ★間食は、一日の食事のエネルギー量の10~20%程度に。

    (4)咀しゃく機能は、3歳頃に完成される。

     乳歯が全て生えそろうのも、3歳頃である。

    (5)クワシオルコル(kwashiorkor)では、タンパク質摂取量が不足している。

     エネルギー摂取量が不足しているのはマラスムスである。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事