32-92 新生児期・乳児期の栄養に関する記述である。

スポンサーリンク

32-92 新生児期・乳児期の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)頭蓋内出血の予防として、ビタミンAを投与する。
(2)母乳性黄疸が出現した場合には、母親のカロテン摂取量を制限する。
(3)乳糖不耐症では、乳糖強化食品を補う。
(4)ビタミンDの欠乏により、くる病が起こる。
(5)フェニルケトン尿症では、フェニルアラニンを増量したミルクを用いる。

解答・解説を見る

(1)頭蓋内出血の予防として、ビタミンKを投与する。

(2)母乳性黄疸では、カロテンの制限は必要ない。

 母乳性黄疸は、生後10日程度で消失する。

(3)乳糖不耐症では、乳糖除去食品(乳糖除去ミルク)を補う。

(4)ビタミンDの欠乏により、くる病が起こる。

(5)フェニルケトン尿症では、フェニルアラニン除去ミルクを用いる。

コメント