31-160 A市保健センターでは、高齢者の自立と社会参加を目的に、男性料理教室を計画している。


31-160 A市保健センターでは、高齢者の自立と社会参加を目的に、男性料理教室を計画している。プログラムの運営方法として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)メニュー作りは、全期間を通して管理栄養士が行う。
(2)使用する食材は、手に入りにくい珍しい食材を使う。
(3)食事作りに必要な知識に関する講義時間を多くする。
(4)他者との交流促進のための会食会を計画に入れる。

解答・解説を見る

(1)全機関を通して管理栄養士が行ってしまうと、高齢者の自立という目的を達成しにくくなると考えられる。

(2)使用する食材は、高齢者の近所のスーパーなどでも手に入るような食材の方が良い。

(3)食事作りに必要な知識は重要であるが講義よりも、より実践的な調理実習の方が効果的であると考えられる。

(4)他者との交流促進のための会食会を計画に入れる。

 他者との交流は、高齢者の自立にとって重要である。


問題・解説についてのお問い合わせ