ホーム » 投稿 » 31-155 公衆栄養アセスメントに用いる情報と既存資料の組合せである。

31-155 公衆栄養アセスメントに用いる情報と既存資料の組合せである。

スポンサーリンク


31-155 公衆栄養アセスメントに用いる情報と既存資料の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)健診・人間ドックの受診状況ーーー患者調査
(2)食中毒の患者数ーーーーーーーーー感染症発生動向調査
(3)母乳栄養の割合ーーーーーーーーー乳幼児栄養調査
(4)世帯の食料にかかる消費支出ーーー食料需給表
(5)幼児・児童・生徒の発育状況ーーー学校給食実施状況等調査

解答・解説を見る

(1)健診・人間ドックの受診状況ーーー国民生活基礎調査

(2)食中毒の患者数ーーーーーーーーー食中毒統計調査

食中毒統計調査では、原因となった家庭・業者・施設等の所在地、名称、発病年月日、原因食品名、病因物質、患者数、死者数等などを調査している。(厚生労働省「食中毒統計調査」

(3)母乳栄養の割合ーーーーーーーーー乳幼児栄養調査

(4)世帯の食料にかかる消費支出ーーー家計調査

(5)幼児・児童・生徒の発育状況ーーー学校保健統計調査

スポンサーリンク


関連記事