コンテンツへスキップ

31-146 世界の栄養問題に関する記述である。

    スポンサーリンク


    31-146 世界の栄養問題に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

    (1)世界の農業生産量は、減少している。
    (2)世界の栄養不足人口の割合は、増加している。
    (3)飢餓状態にある人口は、世界で約2億人と推計されている。
    (4)先進国と開発途上国共に、低栄養と過栄養の問題がある。
    (5)地域間の栄養状態の比較に、5歳未満児死亡率が用いられる。

    解答・解説を見る

    (1)世界の農業生産量は、増加している。

    (2)世界の栄養不足人口の割合は、減少している。

    (3)飢餓状態にある人口は、世界で約7億9500万人と推計されている。

     *国連WFPによる「数字で見る飢餓」によれば、途上国の人口の12.9%が栄養不良である。

    (4)先進国と開発途上国共に、低栄養と過栄養の問題がある。これは「栄養不良の二重負荷」と言われている。

    (5)地域間の栄養状態の比較に、5歳未満児死亡率が用いられる。

     5歳未満児が死亡する原因の半数近くが栄養不良であるため。

    参考

    *国連WFP「数字で見る飢餓」(http://ja.wfp.org/hunger-jp/stats)

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事