29-98 乳幼児期の生理的特徴に関する記述である。


スポンサーリンク


29-98 乳幼児期の生理的特徴に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)脈拍数は、年齢とともに増加する。
(2)体重当たりの体水分量は、成人に比較して少ない。
(3)新生児の生理的黄疸は、生後2、3日頃に出現する。
(4)乳歯は、生後2、3か月で生え始める。
(5)血清免疫グロブリン (IgG)値は、生後3か月まで上昇する。

解答・解説を見る

 (1)脈拍は年齢とともに減少する。

(2)体重あたりの水分量は成人よりも多い。

(3) 生理的黄疸は、生後2~3日に現れ、生後4~5日で 最高値を示し、生後7~10日で消失する

(4)乳歯は、個人差はあるが生後6~7か月頃に生え始める。

(5)生後3か月では最低値となる。


お問い合わせはこちら



コメント