ホーム » 投稿 » 29-93 成長・発達・加齢に関する記述である。

29-93 成長・発達・加齢に関する記述である。

スポンサーリンク


29-93 成長・発達・加齢に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)低出生体重児とは、出生体重が3,000g未満の児をいう。
(2)リンパ組織の機能的成長は、学童期で最低となる。
(3)1年間の体内カルシウム蓄積量は、成人期に最大となる。
(4)塩味閾値は、高齢者で上昇する。
(5)唾液分泌量は、高齢者で増加する。

解答・解説を見る

(1) 低出生体重児とは、2500g未満の児をいう。 

(2) リンパ組織の機能的成長は、学童期で最高となる

(3) 1年間の体内カルシウム蓄積量は、思春期前半に最大となる

(4) 塩味閾値は、高齢者で上昇する。 
 高齢者では、味覚の感度の低下が起こる。その中でも特に塩味は大きく低下し、食塩の摂りすぎにつながるため注意が必要である。

(5) 唾液分泌量は、高齢者で低下する。

スポンサーリンク


コメント