29-104 ストレス応答の抵抗期に関する記述である。


スポンサーリンク


29-104 ストレス応答の抵抗期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)副腎皮質刺激ホルモン (ACTH)の分泌は、低下する。
(2)交感神経の活動は、減弱する。
(3)エネルギー代謝は、抑制される。
(4)遊離脂肪酸の生成は、増加する。
(5)尿中窒素排泄量は、減少する。

解答・解説を見る

 ストレス応答の抵抗期とは?

ストレス刺激に対する生体の抵抗力が増し、適応を獲得した時期のこと。


(1)副腎皮質刺激ホルモンの分泌は上昇する。

(2)交感神経の活動は強くなる。

(3)エネルギー代謝は促進される。

(4)遊離脂肪酸の生成は、増加する。

(5)尿中窒素排泄量は、増加する。


お問い合わせはこちら



コメント