28-13 平成20年以降の国民健康・栄養調査結果における、成人男女別のメタボリックシンドロームが強く疑われる者の割合


スポンサーリンク


28-13 平成20年以降の国民健康・栄養調査結果における、成人男女別のメタボリックシンドロームが強く疑われる者の割合の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

  男性  女性
(1) 20~30%  5~15%
(2) 20~30%  15~25%
(3) 30~40%  5~15%
(4) 30~40%  15~25%
(5) 40~50%  15~25%

解答・解説を見る

正しいのは(1) 20~30%  5~15%

平成25年時点の調査では
男性 23.6%(前年比-1.1%)…20~30%
女性 9.1%(前年比-0.3%)…5~15%

女性のが低い値であること、男女ともやや減少傾向である事が特徴です。

現在は、メタボのみならず女性のやせの問題も出てきています。


お問い合わせはこちら