スポンサーリンク

ホーム » 投稿 » 28-14 先天性風疹症候群に関する記述である。

28-14 先天性風疹症候群に関する記述である。

28-14 先天性風疹症候群に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1) 妊娠初期の風疹感染が危険である。
(2) 小児期に風疹感染の既往のある者が危険である。
(3) 妊婦へワクチンを接種することが推奨されている。
(4) 妊娠前に配偶者ヘワクチンを接種することが推奨されている。
(5) 特徴的な症候に、二分脊椎症がある。

解答・解説を見る

(1) 妊娠初期の風疹感染が危険である。
 免疫のない女性が妊娠初期に風疹に罹患すると、風疹ウイルスが胎児に感染し、出生児に先天性風疹症候群を引き起こすことがある。

(2) 小児期に風疹感染の既往のある者は、免疫を獲得しているため危険性は少ない。

(3) 副作用などを考慮し、妊婦へワクチンを接種することは推奨されていない。

(4) 妊娠前に配偶者ヘワクチンを接種することが推奨されている。

(5) 先天性風疹症候群の特徴的な症候に、先天性心疾患や、難聴などがある。


*参考

http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/ha/rubella/392-encyclopedia/429-crs-intro.html

下部のリストまたはタグをクリックすると、同じ年度・分野の問題を確認できます。