28-12 飲酒に関する記述である。


スポンサーリンク


28-12 飲酒に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 未成年者飲酒禁止法は、第2次世界大戦後に制定された。
(2) 国民健康・栄養調査による飲酒習慣のある者の割合は、20歳代で最も高い。
(3) 飲酒は、血清トリグリセリド値を低下させる。
(4) 飲酒は、食道がんのリスク因子である。
(5) 「生活習慣病のリスクを高める飲酒量」に、男女差はない。

解答・解説を見る

(1) 未成年者飲酒禁止法が初めに制定されたのは1922年、第2次世界大戦後は、1945年以降である。

(2) 国民健康・栄養調査による飲酒習慣のある者の割合は、50~59歳代で最も高い。

(3) 飲酒は、血清トリグリセリド値を増加させる。

(4) 飲酒は、食道がんのリスク因子である。

(5) 「生活習慣病のリスクを高める飲酒量」に、男女差はある。
 男性平均一日40g以上、女性平均一日20g以上とされている。

 


お問い合わせはこちら