28-175 事業所給食における規定に関する記述である。


スポンサーリンク


28-175 事業所給食における規定に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 給与栄養目標量は、法令で定められた基準値を用いる。
(2) 寄宿舎に寄宿する労働者には、体重測定を毎年2回以上行う。
(3) 食堂の床面積は、食事の際の1人について0.5平方メートルとする。
(4) 炊事従業員のトイレは、利用者と共用できる。
(5) 1回100食以上又は1日250食以上の給食を行うときは、栄養士を置かなければならない。

解答・解説を見る

(1) 給与栄養目標量に、法令で定められた基準値は無いため、日本人の食事摂取基準等を用いてその集団にあった栄養量を設定している。

(2) 寄宿舎に寄宿する労働者には、体重測定を毎年2回以上行う。

第三十一条  寄宿舎に寄宿する労働者については、毎年二回以上次の各号の検査を行わなければならない。

一  体重測定による発育及び栄養状態の検査
二  トラホームその他の伝染性眼疾患及びかいせんその他の伝染性皮膚疾患の有無の検査

引用:事業附属寄宿舎規程(昭和二十二年十月三十一日労働省令第七号)より

(3) 食堂の床面積は、食事の際の1人について1平方メートルとする。

(4) 炊事従業員のトイレは、利用者と共用せずに、専用のものを設けるように定められている。

(5) 1回100食以上又は1日250食以上の給食を行うときは、栄養士を置くように努力する。(努力規定)


お問い合わせはこちら