27-111 グループカウンセリングの中で観察された参加者の行動と、行動変容技法の組合せである。


スポンサーリンク


27-111 グループカウンセリングの中で観察された参加者の行動と、行動変容技法の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 成功体験者が自分の体験を話した—————–意思決定バランス
(2) 共通する課題をグループで話し合い解決策を考えた—オペラント強化
(3) 互いの期待に応える気持ちを高めるために、体験談を話す順番を決めた—モデリング
(4) うまく取り組めた人を互いにほめた——————グループダイナミクス
(5) 目標につまずいている人に、周りの人が助言した——ソーシャルサポート

解答・解説を見る

(1) 成功体験者が自分の体験を話した—————–モデリング(身近な人の体験談を聞いて自分でもできそうだと思う)

(2) 共通する課題をグループで話し合い解決策を考えた—グループダイナミクス

(3) 互いの期待に応える気持ちを高めるために、体験談を話す順番を決めた—自己効力感

(4) うまく取り組めた人を互いにほめた——————オペラント強化

(5) 目標につまずいている人に、周りの人が助言した——ソーシャルサポート

NEXT『栄養カウンセリング論』


お問い合わせはこちら