27-117 栄養教育の目標には、学習目標、行動目標、環境目標、結果目標がある。社員を対象としたメタボリツクシンドローム予防の栄養教育の結果目標である。


スポンサーリンク


27-117栄養教育の目標には、学習目標、行動目標、環境目標、結果目標がある。社員を対象としたメタボリツクシンドローム予防の栄養教育の結果目標である。正しいのはどれか。lつ選べ。
(1) 社員食堂における栄養情報リーフレットの配布を、現状の年6回から年12回にする。
(2) 1日に必要なエネルギー摂取量の目安がわかる者の割合を、現状の60%から100%にする。
(3) 社員食堂でヘルシーメニューを選択する者の割合を、現状の50%から70%にする。
(4) BMI 25.0 kg/m2以上の者の割合を、現状の40%から30%にする。
(5) 主食・主菜・副菜の揃った食事をしている者の割合を、現状の50%から80%にする。


×(1) 社員食堂における栄養情報リーフレットの配布を、現状の年6回から年12回にする。…「環境目標」
×(2) 1日に必要なエネルギー摂取量の目安がわかる者の割合を、現状の60%から100%にする。…「学習目標」
×(3) 社員食堂でヘルシーメニューを選択する者の割合を、現状の50%から70%にする。…「行動目標」
(4) BMI 25.0 kg/m2以上の者の割合を、現状の40%から30%にする。…「結果目標」
×(5) 主食・主菜・副菜の揃った食事をしている者の割合を、現状の50%から80%にする。…「行動目標」


お問い合わせはこちら