ホーム » 投稿 » 28-9 心臓の構造と機能についての記述である。

28-9 心臓の構造と機能についての記述である。

スポンサーリンク


28-9 心臓の構造と機能についての記述である。正しいのはどれか。

(1)僧帽弁は、右の房室弁である。
(2)洞房結節は、左心房に存在する。
(3)肺動脈を流れる血液は、静脈血である。
(4)3本の冠状動脈が、大動脈から分枝する。
(5)副交感神経の興奮により、心拍数は増加する。

解答・解説を見る

(1)三尖弁は、右の房室弁である。僧帽弁は、左の房室弁である。

(2)洞房結節は、右心房に存在する。

(3)肺動脈を流れる血液は、静脈血である。

(4)2本の冠状動脈が、大動脈から分枝する。

(5)交感神経の興奮により、心拍数は増加する。逆に、副交感神経が興奮すると心拍数は増加する。

スポンサーリンク


コメント

関連記事