コンテンツへスキップ

28-12 感覚器についての記述である。

    スポンサーリンク


    28-12 感覚器についての記述である。正しいのはどれか。

    (1)硝子体は、虹彩の直後にある両面凸のレンズである。
    (2)水晶体の前面にある虹彩は、眼球内に入る光量を調節する。
    (3)鼓膜で受けた音波は、ツチ骨、アブミ骨、キヌタ骨の順に伝わる。
    (4)特殊感覚は、全身の皮膚と運動器で検知される。
    (5)網膜にある色を感じる細胞は、桿体細胞である。

    解答・解説を見る

    (1)水晶体は、虹彩の直後にある両面凸のレンズである。

     硝子体は、水晶体の後ろにある眼球膜を満たす液体である。

    (2)水晶体の前面にある虹彩は、眼球内に入る光量を調節する。

    (3)鼓膜で受けた音波は、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨の順に伝わる。

    (4)特殊感覚は、味覚器、嗅覚器、聴覚・平衡覚器、視覚器で検知される。

    (5)網膜にある色を感じる細胞は、錐体細胞である。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事