ホーム » 投稿 » 28-14 筋肉についての記述である。

28-14 筋肉についての記述である。

スポンサーリンク


28−14 筋肉についての記述である。正しいのはどれか。

(1)骨格筋の筋原線維は、太いアクチンフィラメントと細いミオシンフィラメントからなる。
(2)筋収縮は、細胞内のカルシウムイオン濃度上昇が引き金となる。
(3)直立姿勢の保持は、主に筋肉の等張性収縮による。
(4)筋肉は屈曲運動をするとき、等尺性収縮をしている。
(5)赤筋は、迅速な運動を行うのに適している。

解答・解説を見る

(1)骨格筋の筋原線維は、細いアクチンフィラメント太いミオシンフィラメントからなる。

 筋収縮の際には、アクチンがミオシンに入り込む。

(2)筋収縮は、細胞内のカルシウムイオン濃度上昇が引き金となる。

(3)直立姿勢の保持は、主に筋肉の等尺性収縮による。

(4)筋肉は屈曲運動をするとき、等張性収縮をしている。

(5)白筋は、迅速な運動を行うのに適している。

 赤筋は、長距離走など持続的な運動に適している。

スポンサーリンク


コメント

関連記事