コンテンツへスキップ

28-22 アミノ酸についての記述である。

    スポンサーリンク


    28-22 アミノ酸についての記述である。正しいのはどれか。

    (1)ロイシンは、糖原性アミノ酸である。
    (2)トリプトファンは、分枝鎖アミノ酸である。
    (3)たんぱく質を構成するアミノ酸は、D型である。
    (4)アラニンは、必須アミノ酸である。
    (5)オルチニンは、尿素サイクルの中間代謝物質である。

    解答・解説を見る

    (1)ロイシンは、ケト原性アミノ酸である。

    (2)トリプトファンは、芳香族アミノ酸である。

     分岐鎖アミノ酸には、バリン、ロイシン、イソロイシンがある。

    (3)たんぱく質を構成するアミノ酸は、L型である。

    (4)アラニンは、必須アミノ酸ではない。非必須アミノ酸である。

     必須アミノ酸には、メチオニン、スレオニン、ロイシン、バリン、フェニルアラニン、トリプトファン、リシン、ヒスチジン、イソロイシンがある。

    (5)オルニチンは、尿素サイクルの中間代謝物質である。


    この問題は正しいものがないため誤問とされています。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事