コンテンツへスキップ

28-13 呼吸についての記述である。

    スポンサーリンク


    28-13 呼吸についての記述である。正しいのはどれか。

    (1)呼吸運動を調節する中枢は、小脳にある。
    (2)血液のpH低下は、呼吸運動を抑制する。
    (3)安静呼吸時の胸腔内圧は、陰圧である。
    (4)正常の呼吸では、吸息期が長く、呼息期が短い。
    (5)安静時の吸息運動は、横隔膜と外肋間筋の弛緩による。

    解答・解説を見る

    (1)呼吸運動を調節する中枢は、延髄にある。

     小脳には、平衡感覚や姿勢反射に関する中枢がある。

    (2)血液のpH低下は、呼吸運動を促進する。

    (3)安静呼吸時の胸腔内圧は、陰圧である。

    (4)正常の呼吸では、吸息期が短く、呼息期が長い。

    (5)安静時の吸息運動は、横隔膜と外肋間筋の収縮による。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事