コンテンツへスキップ

27-7 2000年(平成12年)以降のわが国の高齢者についての記述である。

    スポンサーリンク


    27-7 2000年(平成12年)以降のわが国の高齢者についての記述である。正しいのはどれか。

    (1)65歳以上の単独世帯の男女比は、ほぼ同じである。
    (2)要介護高齢者の介護が必要になった原因で最も多いのは、脳血管疾患である。
    (3)75歳以上人口は、2015年(平成27年)から減少すると見込まれている。
    (4)2013年(平成25年)の高齢化率は、20%を超えていない。
    (5)高齢者虐待防止法では、高齢者を60歳以上に規定している。

    解答・解説を見る

    (1)65歳以上の単独世帯は、女性の割合の方が男性よりも高い。

    (2)要介護高齢者の介護が必要になった原因で最も多いのは、脳血管疾患である。

    (3)75歳以上人口は、2015年(平成27年)から増加すると見込まれている。

    (4)2013年(平成25年)の高齢化率は、20%を超えており、25.1%である。

    (5)高齢者虐待防止法では、高齢者を65歳以上に規定している。


    参考・引用文献

    「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO124.html)

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事