ホーム » 投稿 » 36-147 24 時間食事思い出し法に関する記述である。

36-147 24 時間食事思い出し法に関する記述である。

スポンサーリンク


36-147 24 時間食事思い出し法に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 対象者の記憶に依存しない。

⑵ 栄養素等摂取量の結果は、食品成分表の精度に依存しない。

⑶ 食事記録法(秤量法)に比べて、対象者の負担が大きい。

⑷ 食物摂取頻度調査法に比べて、調査者の熟練を必要とする。

⑸ 陰膳法に比べて、調査費用が高い。

解答・解説を見る
⑴ 対象者の記憶に依存する。

24 時間食事思い出し法では、過去24時間の食事内容をを聞き取るため、対象者の記憶に依存する。

⑵ 栄養素等摂取量の結果は、食品成分表の精度に依存する

⑶ 食事記録法(秤量法)に比べて、24 時間食事思い出し法のほうが対象者の負担は小さい

食事記録法では、対象者が摂取した食品を計量し、記録しなければならない。一方で、24時間思い出し法ではそのような手間はなく、事前の準備も不要である。よって、対象者の負担は、24時間思い出し法よりも食事記録法の方が大きい。

⑷ 食物摂取頻度調査法に比べて、調査者の熟練を必要とする。

⑸ 陰膳法に比べて、24 時間食事思い出し法調査のほうが費用は低い

陰膳法では、対象者が摂取する食事と全く同じものを用意して分析することから、調査にかかるコストが高い。

スポンサーリンク


コメント

関連記事