コンテンツへスキップ

36-141 健康増進法で定められている事項のうち、厚生労働大臣が行うものである。

    スポンサーリンク


    36-141 健康増進法で定められている事項のうち、厚生労働大臣が行うものである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

    ⑴ 都道府県健康増進計画の策定

    ⑵ 国民健康・栄養調査における調査世帯の指定

    ⑶ 特定給食施設に対する勧告

    ⑷ 特別用途表示の許可

    ⑸ 食事摂取基準の策定

    解答・解説を見る

     

    ⑴ 都道府県健康増進計画の策定は、都道府県が行う義務である。なお、市町村には同計画の策定に努力義務がある。

    ⑵ 国民健康・栄養調査における調査世帯の指定は、都道府県知事が行う。厚生労働大臣は、国民健康・栄養調査における調査地区を指定する。

    ⑶ 特定給食施設に対する勧告は、保健所長が行う。

    ⑷ 特別用途表示の許可は、内閣総理大臣が行う。

    ⑸ 食事摂取基準の策定は、厚生労働大臣が行う。

     

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事