34-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。


34-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)ビタミン A は、消化管からのカルシウム吸収を促進する。

(2)カロテノイドは、抗酸化作用をもつ。

(3)ビタミン D は、血液凝固に関与している。

(4)ビタミン E は、核内受容体に結合する。

(5)ビタミン K は、視覚機能に関与している。

解答・解説を見る
(1)ビタミンDは、腸管や肝臓からのカルシウム吸収を促す。

 ビタミンDの不足は、成人では骨粗しょう症、小児ではくる病のリスクを高める。

 ビタミンDが豊富に含まれる食品には、牛レバーや卵黄、チーズなどがある。

 また、食品から得られるのは、ビタミン D2 とビタミン D3である。

(2)カロテノイドは、抗酸化作用をもつ。

(3)ビタミンKは、血液凝固に関与するビタミンであり、欠乏すると血液凝固遅延を引き起こす。

(4)ビタミンDやビタミンAは、核内受容体に結合する。

(5)ビタミンAは、視覚機能に関与している。

 ビタミンAの主な欠乏症は夜盲症である。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント