コンテンツへスキップ

34-70 糖質の代謝に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-70 糖質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)糖質の摂取量増加は、ビタミン B6 の必要量を増加させる。

    (2)グルコースは、脂肪酸に変換されない。

    (3)グルコースは、可欠アミノ酸に変換されない。

    (4)ペントースリン酸回路は、リボース -5-リン酸を生成する。

    (5)赤血球には、解糖系が存在しない。

    解答・解説を見る

     

    (1)糖質の摂取量の増加は、糖質の代謝に関与するビタミンB1の必要量を増加させる。

    ビタミンB1(チアミン)は、糖質代謝の過程に必要な酵素の補酵素であることから、糖質の摂取量が増加するとビタミンB1の必要量も増加する。

    また、日本人の食事摂取基準2020年版においては、ビタミンB1の必要量はエネルギー消費量当たりで算定されている。

    ビタミンB6は、補酵素型でたんぱく質代謝に関わることから、たんぱく質の摂取量の増加がビタミンB6の必要量を増加させる。

    また、日本人の食事摂取基準2020年版においても、ビタミンB6の必要量はたんぱく質摂取量当たりで算定されている。

    (2)グルコースから脂肪酸を合成することができる。

    脂肪酸合成の原材料にはアセチルCOAとNADPHが用いられ、これらは主にグルコースの代謝過程で供給されている。

     

    (3)グルコースは、可欠アミノ酸に変換することができる。

    グルコースからは、アラニンなど可欠アミノ酸(非必須アミノ酸)が合成される。

    また、アミノ酸を糖新生によってグルコースに変換することも可能であり、糖新生に利用できるアミノ酸を糖原生アミノ酸という。

    (4)ペントースリン酸回路は、リボース -5- リン酸を生成する。

     

    (5)赤血球には、解糖系が存在する

    赤血球にはミトコンドリアは存在せず、活動に必要なエネルギーは嫌気性解糖系によって得られる。

     


    参考

    厚生労働省,日本人の食事摂取基準2020年版.

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事