コンテンツへスキップ

34-71 血糖とその調節に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-71 血糖とその調節に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)筋肉グリコーゲンは、血糖維持に利用される。

    (2)インスリンは、筋肉への血中グルコースの取り込みを抑制する。

    (3)健常者の血糖値は、食後約 3 時間で最高値となる。

    (4)糖新生は、筋肉で行われる。

    (5)アドレナリンは、肝臓グリコーゲンの分解を促進する。

    解答・解説を見る
    (1)筋グリコーゲンは、血糖維持に利用することができない。血糖維持に利用されるのは、肝グリコーゲンである。

    筋グリコーゲンは筋肉の収縮のためのエネルギー源として利用される。

    (2)インスリンは血液中のグルコースを筋肉へ取り込む働きを促進し、血糖値を下げる働きをする。

    (3)健常者の血糖値は食後約1時間で最高値になる。

    健常者では、血糖値は食後2~3時間後には定常値に戻る。

    (4)糖新生は、主に肝臓(一部腎臓)で行われる。

    (5)アドレナリンは、肝臓グリコーゲンの分解を促進する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事