34-78 ミネラルに関する記述である。


34-78 ミネラルに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)骨の主成分は、シュウ酸カルシウムである。

(2)血中カルシウム濃度が上昇すると、骨吸収が促進する。

(3)骨中マグネシウム量は、体内マグネシウム量の約 10% である。

(4)モリブデンが欠乏すると、克山病が発症する。

(5)フッ素のう歯予防効果は、歯の表面の耐酸性を高めることによる。

解答・解説を見る
(1)骨の主成分は主成分は、リン酸カルシウムである。

(2)血中カルシウム濃度が上昇すると、骨吸収が抑制される。

(3)骨中マグネシウム量は、体内マグネシウム量の約 50~60% である。

(4)克山病を発症と関連しているのは、セレン欠乏である。

(5)フッ素のう歯予防効果は、歯の表面の耐酸性を高めることによる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント