34-73 食品たんぱく質の評価に関する記述である。


34-73 食品たんぱく質の評価に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)アミノ酸評点パターンは、食品中の不可欠アミノ酸量を示す。

(2)生物価は、食品たんぱく質の化学的評価法の一つである。

(3)制限アミノ酸がない食品のアミノ酸価は、100 である。

(4)無たんぱく質食の摂取時には、尿中に窒素は排泄されない。

(5)摂取窒素量が排泄窒素量を上回ると、窒素出納は負になる。

解答・解説を見る
(1)アミノ酸評点パターンは、私たちの身体に必要な不可欠アミノ酸量を示す。

食品に含まれる不可欠アミノ酸のうち、もっとも少ないもの(制限アミノ酸)がどの程度アミノ酸評点パターンをみたしているか表した数値を「アミノ酸スコア」という。

(2)生物価は、生物学的評価法の一つである。

生物価は、体内保留窒素量を吸収窒素量で除して求める。体内に吸収された窒素の何%が体内に保留されたか求めた数値である。

(3)制限アミノ酸がない食品のアミノ酸価は、100 である。

(4)無たんぱく質食の摂取時でも、体たんぱく質が分解されるため尿中に窒素が排出される。

(5)摂取窒素量が排泄窒素量を上回ると、窒素出納はになる。

窒素出納が正=窒素摂取量>窒素排出量(幼児や妊婦)

窒素出納が負=窒素排出量>窒素摂取量(絶食時、外科手術後)


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント