コンテンツへスキップ

34-10 上・下水道及び水質に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-10 上・下水道及び水質に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

    (1)急速濾過法では、薬品は用いられない。

    (2)末端の給水栓では、消毒に用いた塩素が残留してはならない。

    (3)水質基準では、一般細菌は検出されてはならない。

    (4)活性汚泥法は、嫌気性微生物による下水処理法である。

    (5)生物化学的酸素要求量が高いほど、水質は汚濁している。

    解答・解説を見る
    (1)急速濾過法では、硫酸アルミニウムやポリ塩化アルミニウムなどの薬品が用いられる。

    (2)末端の給水栓では、消毒に用いた塩素(遊離残留塩素)が0.1mg/L残留しなければならない。

    ◆現行規制等
     ・水質基準値(mg/l)⇒ なし
     ・水道法施行規則(mg/l)⇒ 給水栓末端で 0.1 以上

    (3)水質基準では、大腸菌は検出されてはならない。

    (4)活性汚泥法は、好気性微生物による下水処理法である。

    (5)生物化学的酸素要求量が高いほど、水質は汚濁している。

    生物化学的酸素要求量は、水質汚濁の指標に用いられる。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事